電子マニフェストで
産廃管理業務の情報を一元管理

電子マニフェストとは
マニフェスト制度は、産業廃棄物を委託処理する排出事業者の責任を明確にするとともに、排出された産業廃棄物が委託内容どおり適正処理されたことを把握・管理することで、不法投棄を未然に防止することを目的としています。
マニフェストには「紙マニフェスト」と「電子マニフェスト」がありますが、現在、企業の廃棄物ご担当者様、もしくは総務の方の多くが紙マニフェストで運用されているようです。その場合、お客様ご自身で伝票を5年間保管する義務があり、管理が大変かと思われます。
電子マニフェスト使用の場合はJW-NETでデータを保管するため、保管義務は免除されます。また、排出事業者・収集運搬業者・処分業者の3者間で情報を共有しているため、廃棄物が適切に処理されていることをリアルタイムに確認できます。
当社は、電子マニフェスト導入を積極的に推奨し、取引先様の加入率が向上しました。電子マニフェストによる、産業廃棄物の適正処理を行うことで、皆様に安心してお取引いただいています。加入に関するご質問などございましたら、お気軽にご相談ください。
導入のメリット
  1. 1. 業務負担を軽減

    電子マニフェストを導入すると、事業所や店舗などから排出される廃棄物・資源の情報が情報処理センターのシステム上で保管・管理されます。保管義務の必要がなく、リアルタイムで情報を確認や修正ができますので業務負担を大幅に軽減できます。

  2. 2. 大幅なコスト削減

    紙マニフェストのミスや書き損じで破棄などの必要が無くなり、新規・余剰購入といった直接的なコスト削減ができます。電子化にすることによって、保管用の備品・保管スペースの確保といった間接的はコストもゼロになります。

  3. 3. ヒューマンエラー防止

    入力項目は全てシステム上で管理されているため、記載漏れやミスなど不備が発生しません。また、排出事業者・収集運搬業者・処分業者の間で情報を共有しているため、マニフェストの不適切な登録、報告を防止できます。