契約書の電子化で業務スピードの向上

電子契約書を利用していただくことにより、契約締結を全てオンラインで完結できます。契約書のダウンロード、必要事項入力、メールの送信のみで契約締結が完了します。
当社は、契約書の電子化でスピーディーな契約締結、印紙や切手のコスト削減、郵送の手間などをなくすための契約業務の効率化を推奨しております。(もちろん紙での契約締結も可能です)

締結までのステップ

  • STEP1受信

    契約書類の確認依頼のメールが届きます。書類の受信者様は、ソフトウェアなどを導入する必要もなく、受信したメールから安全に書類へアクセスができます。 ※1

  • STEP2確認・入力

    内容を確認していただき、問題が無ければナビゲーションに沿って入力を進めます。 ※2

  • STEP3合意締結

    「書類に同意」すると合意締結となり、関係者に通知メールが送信されます。 ※3

電子契約書導入による3つのメリット

  • 1印紙や郵送代が不要

    印紙や送付状の用意、郵送代などのコストのほか、その作業なための出社行為などの業務コストも大幅に削減できます。

  • 2スムーズな業務効率・契約

    万が一、出社・来社ができない場合でも、契約業務を停止させることなく業務の効率化を図ります。押印の必要もありません。

  • 3コンプライアンス強化

    契約締結から管理まで全てネットワーク上で行うことで、書類の紛失などで発生する情報漏えいなどのリスクが低減します。

  1. ※1当社では、主に弁護士ドットコム㈱【東証M6027】が運営する「クラウドサイン」を利用しています。
  2. ※2受注者側には費用は発生しません。
  3. ※3電子署名とタイムスタンプはAdobeの署名パネルで確認できます。