地球に与えられた資源を後世に残す。

空き缶・空きビン、ペットボトルや発泡スチロールなどの資源ごみは最新設備を用いて圧縮・破砕・溶融で生まれ変わらせます。その他、再利用できないものは最終処分場までの確実な処理をトータルコーディネートしています。
また、産業廃棄物のコンサルタントとして最新の設備と充実した施設、一貫した体制のもと、リサイクル率の向上、コストダウンなどのご提案もさせていただきます。

収集運搬から中間処理、リサイクルまで

  • 排出事業者様

    どんな些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。お客様に合わせた廃棄物管理体制を有しています。

  • 収集運搬

    当社は多種多様な運搬車両を保有しているので、廃棄物の種類や量に応じた収集運搬を可能としています。迅速な積み込み、当社の完備している、中間処理施設まで安全第一で運搬いたします。

  • 選別作業

    まず、廃棄物の中にリチウム電池など不適切なものが無いか、手選別で確認します。確実な適正処理を行うため、目視の確認は中間処理前の重要な作業です。次に、手選別では難しい磁性体の廃棄物などは選別機を使用します。

    • 空缶・ペットボトル選別作業動画
  • 中間処理

    破砕機や圧縮機など、各廃棄物専用の設備を多数配備しています。 圧縮、破砕、溶融作業で、適正処理を行い、できる限り多く再生資源の原料を生み出します

    • 空き缶プレス動画
  • リサイクル

    混合廃棄物の選別工程、中間処理工程を経て、リサイクル資源が確保できるようになります。缶は金属製品、ペットボトルはプラスチックや繊維、ビンは路面材、発泡スチロールは家電製品などの包装材や文具などの原材料へと、ふたたび社会に還元されます。